2006年11月

画像の周りなどに1pxの破線を引く

画像の周りなどに1pxの破線を引く場合に、borderを使う事があると思います。
borderで破線を引くと、ブラウザにより表示が異なり何か気分が悪いですよね?

その際、画像を使えばOKなんですが、サイズが固定なら画像でも簡単に枠が作れますが、画像サイズがバラバラで、かつ同じ枠線を引くとなるとちょっと面倒な感じがします。

ソコで、結構簡単な方法で解決できるぷちテクニックのご紹介。

ランダムに数値を出すMTプラグイン

指定した数値内でランダムに数値を出すプラグインです。

ダウンロード

使い方

ランダムに数字を吐き出したいテンプレートに下記のように記述。

<$MTRandom from="0" to="10" digit="2"$>

from

ランダムで出力する数値の下限

to

ランダムで出力する数値の上限

digit

出力する数値の桁数(この値未満の場合、0で埋められる)

コレでランダムに数値が出ます。

↓こんな感じで。
<$MTRandom from="0" to="10" digit="2"$>

エントリーに数値を出す場合、別途で、エントリーにMTタグを使えるプラグインが必要になります。

ちなみに、これ以外特別な事は出来ませんので、何かを期待したらダメです。


当初の目的とかを追記でダラダラと。

target="_blank"を使わずに別ウィンドウで開く

通常外部リンクなどを別窓で開く際に、target="_blank"を使うと思うのですが、コレは非推奨となっているので、もうちょっと美しく別窓で開くにはどうしたらいいか?
と何度か考えた事がありますが、適当にぐぐると、JavaScriptを使うものが何点かあるけど、ソレもイマイチスマートじゃない。

例えば下記で紹介されているような。
http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20040118A/

コレはコレで今までの問題を解決するにはいいのかなーと思うのですが、ボクが個人的に求めているのはもうちょっとスマートなやり方。

今まで、この問題に関して深く調べた事が無かったのですが、雲のむこうの人からこういう方法もあるよ。
って教わったので、今回はそのやり方を紹介いたします。

IE7バグ:横幅が指定値よりも広がる

WinIE7の環境下においてある特定の条件を満たしてしまうと、横幅が指定した値より大幅に大きくなり、横スクロールバーが出てしまうというバグが見つかりました。

サンプル:

http://css-happylife.com/template/09/

原因は、ある条件下でfloat:rightを指定したとき、IE7は親のボックスがサイズ指定されていても、ソレを無視して右に行ってしまうからだと思います。
さらにソコに特定の条件が重なると発生。

  • floatでrightを指定している
  • リンクを貼っている
  • a要素をdisplay:blockにしている
  • a要素のmarginでマイナス値を指定している

上記要素が具体的にどのように絡むと発生するのかイマイチわかってないですが、右を基点とする場合があやしいと思う。

また、positionなどで、rightを基点に指定した場合にも発生するかもしれません。

とりあえずサンプルの場合だと、p要素に横幅を指定してあげるか、マイナス値の指定を取ればなおります。

InternetExploerer7 日本語正式版で早々に気になったバグ...

2006年11月2日に、IE7日本語版が正式にリリースされましたね。

そこで早速ボクも入れてみました。

Web好きっ子の一人として、ちょとワクワクしながらIE7のインストールを見守り、いざブラウジングスタート!

ベータの頃にちょっとだけ使ったことがあるのでインターフェースやらタブ機能などは特に違和感無く使えました。
フォントも好きなの選べるようになったし、アンチエイリアスも掛かっていい感じ。
いい感じついでに、メイリオフォント入れてみたりして楽しんでました♪

やっぱキレイですね。
だいぶ、字幅変わってデザインが多少崩れてますが、ソコは見なかったことに...

さてさて、あまり遊んでばかりはいられないので、仕事に戻ることに。

ソコで、今までのワクワクした気分を全て吹き飛ばすような現実を目の当たりにする事になるとは思ってもいなかった...

↑上に行くよ